★TOP オーストラリア・シドニー 現地発ツアー IECオセアニアのオプショナルツアー★  

★オーストラリア・シドニー発のドルフィン・ウォッチング・ツアー★  



★世界遺産ブルーマウンテンズ&世界最古の鍾乳洞ジェノランケーブ(オーストラリア・シドニー発のオプショナルツアー)★  



★オーストラリア・シドニー湾発着クジラ・ウォッチング・ツアー★  



★ポートスティーブンス・エコツアーのクジラ・ウォッチング・ツアー(季節限定)★  



★オーストラリア・シドニー発オプショナルツアー 優雅なシドニー湾ディナークルーズをセットにしたコンボ・パッケージ!★  



★ザトウクジラと泳ぐ「ホエール・スイム in トンガ王国」〜イルカ・クジラのスペシャリスト IECオセアニア〜★  



★ポートスティーブンスでワークエクスペリエンス(オージーと一緒に仕事・ボランティア体験)★  



★ドルフィンリゾートで優雅な休日(オーストラリア・ポートスティーブンス1泊2日 from IECオセアニアのエコツアー)★  



★イルカと大自然+ワイナリーめぐり(オーストラリア・ポートスティーブンス1泊2日ハンターバレー付き from IECオセアニアのエコツアー)★  



★「カウラの悲劇」(日本兵の集団脱走事件)を乗り越えて和解と平和に思いを馳せる旅(オーストラリア・シドニー発のカウラ訪問ツアー)★  



★野生のイルカと出逢うオリビア博士のドルフィン・セラピー「ドルフィン・ウィズイン・プログラム」★  



★世界三大美港で優雅にセーリング、「クルージング・ヨット・クラブ・オブ・オーストラリア」★  



★世界的な認知度のあるヨット協会認定コース ヨット・セーリング・スクール★  





ユニークな体験型オプショナルツアーを自社企画・催行するオーストラリア・シドニー唯一の日本語エコツアー専門旅行社。

ポート・スティーブンス(イルカ・クジラ)、ブルーマウンテン、ジェノランケーブ、ハンターバレー……シドニー近郊を知り尽くした専門ガイドがご案内。

観光スポットを巡るだけの従来の現地ツアーとは一味違う、心に残る旅をしたい方におすすめ。

インターネット割引あり。

オーストラリアのイルカ&クジラ・ウォッチングのスペシャリストが企画・運営する「ポート・スティーヴンス イルカと大自然」は、最高リピーター参加9回! 
★10%割引料金適用中★ 一味違う大満足のシドニー発エコツアーならおまかせ。


★公式HP   オーストラリア・シドニー 現地発ツアー 
 IECオセアニアのオプショナルツアー★
 



★TOP ページ★  
★オーストラリア観光 シドニーの街の写真★  
★オーストラリア・ポート・スティーブンズ町の写真・イルカ・コアラ・砂丘・クジラの写真★  
★海・砂丘・砂丘すべりの写真(オーストラリア・ポート・スティーブンズ)★  
★野生コアラ・ワイナリーの写真(オーストラリア・ポート・スティーブンズ)★  
★オーストラリア・ブルー・マウンテンズ国立公園の写真★  
★オーストラリア・世界最古のジェノランケーブ鍾乳洞の写真★  
★オーストラリア・野生のカンガルーの写真★  
★特選B級グルメディナー+夜のシドニーチョット観光の写真★  
★オーストラリアの働くトラック・バス・車の写真★  

写真1 オーストラリア・シドニーの街の写真・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真2 オーストラリア・シドニーの街の写真

写真3 オーストラリア・シドニーの街の写真・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真4 オーストラリア・シドニーの街の写真

写真5 オーストラリア・シドニーの街の写真・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真6 オーストラリア・シドニーの街の写真

写真7 オーストラリア・シドニーの街の写真・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真8 オーストラリア・シドニー発オプショナルツアー 優雅なシドニー湾ディナークルーズ

写真9 オーストラリア・シドニー発オプショナルツアー 優雅なシドニー湾ディナークルーズ

写真10 オーストラリア・シドニー発オプショナルツアー 優雅なシドニー湾ディナークルーズ

写真11 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真12 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

写真13 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

写真14 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真15 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

写真16 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真17 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

写真18 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

写真19 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真20 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

写真21 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

写真22 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア・オペラハウス(Sydney Opera House)・ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

写真23 オーストラリア旅行・シドニー観光ツアー IECオセアニア

ハーバーブリッジ(Sydney Harbour Bridge)

深く入り組んだポート・ジャクソン湾(シドニー湾)の南岸にあるシドニーの町と、北岸にある近郊の町を道路と路面電車で繋ぐため、1923年に着工、1932年に完成したシングルアーチ橋である。 橋の両端に高さ100m近い石造りの支柱(パイロン)がそそり立ち、ここを支えに鉄のアーチがかかり、橋げたを吊り下げている。全長は約1,500m、パイロン間の長さは約500m。アーチの最上部の高さは134mで、建設当時はシドニーで最も高い建物だった。シドニー・オペラハウスと並ぶ、シドニーのシンボルである。 ノースシドニーとシドニー西部を結ぶハイウェイ(8車線の車道)とシティレールの複線の鉄道線路(路面電車の廃止後に、鉄道用に転用された)、歩道が走っており、車線が世界一多い橋としても知られている。建設のおかげで、橋のたもとにあったオーストラリアで一番古い植民地時代の名残を残すロックスの町並みは、その大半が失われてしまった。観光客には歩道のほか、アーチの頂上まで登るスリリングな「ブリッジクライム(BridgeClimb)」のアトラクションも用意されている。

シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)

シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)はオーストラリア・シドニーにある20世紀を代表する近代建築物であり、世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもある。オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニー、シドニー交響楽団の本拠地になっている。 設計者は計画決定当時無名だった建築家ヨーン・ウツソン(ヨーン・ウッツォン)であるが、独創的な形状と構造設計の困難さなどにより工事は大幅に遅れ、1959年に着工したものの竣工は1973年だった。大幅な工期と予算の超過にもかかわらず、完成後はシドニーのみならずオーストラリアのシンボルとしても親しまれるようになった。シドニー港に突き出した岬に位置し、貝殻やヨットの帆を思わせるシドニーのオペラハウスの外観は、シドニー・ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる観光客の定番の撮影スポットでもある。

シドニー(Sydney)

オーストラリア南東部に位置するニューサウスウェールズ州の州都で同国最大の世界都市である。
オーストラリア最大の人口を有し、メルボルンとともに南半球屈指の経済、文化の中心都市である。オセアニアを代表する国際的な観光都市でもあり海に臨むオペラハウスなどが著名で、世界で最も美しいといわれる都市のひとつである。
300 km南西に特別区である首都キャンベラが所在するが、経済や文化の規模ではシドニーのほうが活発である。それもあってかシドニーがオーストラリアの首都であると誤解する者も少なくない。2000年には夏季オリンピックである「シドニーオリンピック」の開催地となった

歴史

シドニー湾沿岸には少なくとも4万年前からアボリジニが定住していた。
ヨーロッパ人の関心がこの地域に向かうのは、1770年のジェームズ・クックによるポート・ジャクソン湾の望見の後である。イギリス人による最初の入植は1788年1月20日で、アーサー・フィリップ総督によってこの「小川に近い、入り江の湾頭」はオーストラリア最初の植民地として定められた。フィリップは当初この地をアルビオンと呼ぶ意向であったが、シドニー入江に由来する「シドニー」が一般的に用いられるようになった。シドニー入江はクックの命名で、彼の後援者であったシドニー卿(シドニー子爵)トマス・タウンゼントにちなんだものである。このことは植民地開設の特許状がシドニー卿の斡旋で交付されたことに由来すると思われる。
新植民地の初期の人口は1000人を超える程度で、当地は流刑植民地であったことからその大部分は囚人であった。1822年にはすでに銀行、市場、発達した道路網、警察隊を備えた町となった。1833年、町の行政は3人の行政官の手に委ねられ、1842年には自治体となった。1847年には囚人が人口にしめる割合はわずか 3.2%にまで下がった。当時シドニーにはヨーロッパより週ごとに船が来航し、イギリスや他のヨーロッパからの移民が到着した。囚人の人口が減少するにつれ、商業活動が盛んとなった。当初、煉瓦製造と製材に限られていた第二次産業の発展は、ニューサウスウェールズ州の自由貿易政策が現地工業の確立を阻害したため遅々としていた。1901年の連邦成立後、自由貿易政策は否定され、各州間の緊密な連携のもとに州間交易が著しい進展を示した。
シドニーは、19世紀前半まではオーストラリアの6つのイギリス植民地の中心として、名実ともに最大の都市であった。1851年にニューサウスウェールズ州およびビクトリア州で金が発見され最初のゴールドラッシュが起こると、シドニーの人口は急激に増加し、急速に工業化が進んだ。だが、ゴールドラッシュおよびイギリス本国との間の大圏航路においてメルボルンのほうが好位置であったことも加わって、メルボルンが発達の速度を速め、19世紀後半にはシドニーは第2位に後退した。この頃からシドニーとメルボルンとの間で伝統的な敵対関係が存在し、メルボルンはオーストラリアの最大都市かつ最も裕福な都市となっていた。
20世紀初頭になるとシドニーはメルボルンを人口で追い越し、それ以来現在に至るまでシドニーは国内最大の都市に君臨し続けている。1970〜80年代、オーストラリア準備銀行やオーストラリア証券取引所と共に、シドニーのCBDは明らかに国内最大の金融都市となってメルボルンを追い抜いた。都市圏の拡大とともに人口の郊外化が進み、都市圏の西端は都心から60km以上も離れたブルーマウンテンの麓にまで達している。20世紀全体を通して見ると、第二次世界大戦後の10年間を特に顕著とし、ヨーロッパやその後のアジアからの移民が増えるにつれてシドニーの都市圏は拡大を続けた。シドニーの特徴である多様で国際的な雰囲気は、移民によってもたらされた文化が主な要因である。

地理

ポート・ジャクソン湾シドニーは、オーストラリア大陸南東岸のポート・ジャクソン湾(シドニー港)及びボタニー湾に面して発達し、カンバーランドあるいはシドニー盆地と呼ばれる皿状の凹地の東縁に位置している。
少数の大都市周辺に人口が極端に集中することが、オーストラリア全般に見られる人口分布型の一特徴となっているが、シドニーの場合この人口集中は、この地が大陸最初の植民地として重要であったために早くから港湾、倉庫などの施設が整備されたことに起因している。主要港としてシドニーは国内経済の中心となり、また行政の中心ともなった。
本来のシドニーはポート・ジャクソン湾の南岸にあり、主な商工業地区もその方面に発達している。市街地の大部分は丘陵に位置し、ことに湾に面した地域では短くて急な坂道が多い。シドニーの海岸線は低木の茂る険しい岬と三日月形の砂浜とが交互に連なり、岩石台地、潟湖、砂嘴、陸繋島などが特徴を添えている。
四方は壮大な大自然に囲まれており、東に太平洋、西にブルーマウンテン、北にホークスベリ川、南にロイヤル・ナショナルパークがある。多くの入江や海岸も有しており、ボンダイ・ビーチは特に有名で、市街に面するポート・ジャクソン湾はリアス式海岸であると同時に世界最大の天然の入江とされる。
自然災害である地震は、人体では感知できない無感地震を除いてほとんど無い。

経済

シドニーは、商工業、金融、交通の中心都市であり、2008年の域内GDPでは2130億米ドルで世界第28位である。オーストラリア証券取引所(ASX)やオーストラリア準備銀行(RBA)、国内大企業の多くが本社をシドニーに置いている。国内最大の雇用を生み、国内GDPのうち25%を計上し、その経済規模は国内最大である。平均家計所得は国内諸都市のうち最も多く、失業率は2004年時点で4.9%である。GaWCによれば、シドニーは南半球で最もランクの高い第1級世界都市+に分類されている。
シドニー(ポート・ジャクソン)港はニューサウスウェールズ州の交易の大半を担っている。主要輸出品目は羊毛、小麦、小麦粉、羊皮、肉類で、輸入品は機械類が最も主要な品目である。国内や州内の移入品には石炭、木材、砂糖がある。シドニーは世界最大の原毛市場で、ニューサウスウェールズ州の羊毛の3分の2はこの港から積出される。同港は造船・修理の中心地でもあり、大型船舶を収容できるドックも有する。
オーストラリアの産業界において、メルボルンとともにシドニーが抜きん出ているのは、原材料の調達が容易であることが一因である。消費財を中心に、シドニーはニューサウスウェールズ州の工業生産のおよそ半ばを産出しており、製材、造船、化学、農業土木機械、電気機械、石油精製などの諸工業が盛んである。

人口統計

2006年国勢調査によると、シドニー都市圏の人口は3,641,422人で、シドニー統計区域の人口は4,119,190人であった。統計区域は成長を加減して算出された推計値を基にしたため、都市圏よりも人口が大きくなっている。シドニー市内の人口密度は、4,023人/km2で国内最大である。市民は一般的に「シドニーサイダー」と呼ばれる。同調査の自分の民族は何かという設問において、市民の多くは自らをイングランド系、アイルランド系、スコットランド系、中国系であるとした。またこの設問によれば、先住民アボリジニは全体のうち2%、海外出生者数は同じく31.7%となった。
主な移民の出身国はイギリス、中華人民共和国、ニュージーランドである。また、ベトナム、パキスタン、レバノン、イタリア、インド、フィリピンの移住者数もかなりの数に上る。市民の多くは、英語を第一、または第二言語としているか、アラビア語(レバノン系が優勢)、中国語(ほとんどが中国官話、上海語、広東語)、イタリア語話者である。シドニーは、世界でも高度な多文化都市であるロンドンやパリよりも海外からの移住者が多く、その数は世界でも7番目に数えられる。宗教をたずねる設問によると、調査対象者の64%はキリスト教徒、14.1%は無宗教、10.4%は無回答、3.9%はムスリム、3.7%は仏教徒、1.7%はヒンドゥー教徒、0.9%はユダヤ教徒であった。
また、住民の平均年齢は34歳と若く、65歳以上の高齢者層は全体の12%である。

ポート・スティーブンズ

シドニーから日帰りで行け、野生のイルカを間近に見るドルフィンウォッチングクルーズで人気の、シドニー近郊の観光地、ポートスティーブンスを訪れるツアー!

クリアな青い海と26の黄金色のビーチが美しいポート・スティーブンス。 
シドニー湾の2.5倍の広さの湾はサーフィン、ダイビング、海水浴、釣りなど各種マリンスポーツが楽しめ、シドニーから車で約2時間半ということもあって週末を過ごすリゾートとして人気があります。

また、マリンスポーツだけでなく自然や高台からの眺めの美しいトマリー国立公園やワイナリー、
大砂丘やコアラなどオーストラリアの動物に会えるオークビル・ファームなど、お楽しみが沢山。 
それぞれ思い思いの休日を過ごすことが出来ます。

そしてポートスティーブンスで忘れてならないのがイルカ・ウォッチングでしょう。 
湾内には野生のバンドウイルカが生息しており、クルーズに出れば高確率で接近できます。 
冬場はホエール・ウォッチングも期待できます。

・広告


大阪府 農機具(コンバインなど)の無料買取査定
岡山県 軽トラックの無料買取査定
島根県 高圧洗浄車の無料買取査定
島根県 クレーン付トラック車の無料買取査定
静岡県 クレーン付トラック車の無料買取査定
岡山県 フォークリフト車の無料買取査定
兵庫県 ファイター車の無料買取査定
広島県 買取トラック
滋賀県 軽トラックの無料買取査定
山口県 トラック買取はTEL080-5339-7100 TRUCK123まで
兵庫県 アームロール車の無料買取査定
鳥取県 バス車の無料買取査定
徳島県 バス車の無料買取査定
石川県 ダンプの無料買取査定
愛知県 塵芥車の無料買取査定
徳島県 ユンボの無料買取査定
奈良県 イスズ車の無料買取査定
広島県 電話で簡単 無料買取査定 トラックと重機
京都府 ローザ(バス)車の無料買取査定
奈良県 ロールオン(フックロール)車の無料買取査定
鳥取県 平ボデイトラック車の無料買取査定
山口県 TRUCK123でトラック無料買取査定 
山口県 アイチ(AICHI)の無料買取査定
徳島県 ファイター車の無料買取査定
鳥取県 アルファード車の無料買取査定
鳥取県 カニクレーンの無料買取査定
島根県 ランドクルーザー車の無料買取査定
新潟県 電話で簡単 無料買取査定 トラックと重機
大阪府 4WDトラック車の無料買取査定
滋賀県 スカイライン車の無料買取査定
和歌山県 アイチ(AICHI)の無料買取査定
愛知県 ダンプの無料買取査定
滋賀県 キャンター車の無料買取査定
福井県 アルミウイングの無料買取査定
広島県 ラフタークレーンの無料買取査定
岐阜県 レインボー(バス)車の無料買取査定
奈良県 WEBで中古トラック無料買取査定
広島県 エルフ車の無料買取査定
奈良県 中古トラックを買取査定 流通価格情報
和歌山県 ダイナ車の無料買取査定
富山県 マイクロバス車の無料買取査定
愛知県 トラック買取販売 トラック買取直販センター
静岡県 ロールオン(フックロール)車の無料買取査定
石川県 トラックを電話で簡単に無料買取査定
福井県 WEBで中古トラック無料買取査定
三重県 ローザ(バス)車の無料買取査定
富山県 幌ウイング車の無料買取査定
静岡県 アームロール車の無料買取査定
京都府 重機・建機の無料買取査定
京都府 プロフィア車の無料買取査定
石川県 中古トラック買取.com
鳥取県 アームロール車の無料買取査定
福井県 トラック買取販売 トラック買取直販センター
静岡県 レインボー(バス)車の無料買取査定
島根県 トラック買取
三重県 トラック買取値相場情報 電話で簡単
徳島県 トラック高価買取と無料買取査定
和歌山県 電話で簡単 無料買取査定 トラックと重機
山口県 エルフ車の無料買取査定
山口県 クオン車の無料買取査定
奈良県 ロールオン(フックロール)車の無料買取査定
滋賀県 ミニクローラクレーンの無料買取査定
石川県 4WDトラック車の無料買取査定
奈良県 不要のトラック買取致します
滋賀県 スカイライン車の無料買取査定
鳥取県 ユンボの無料買取査定
山口県 TRUCK123でトラック無料買取査定 
山口県 イスズ車の無料買取査定
広島県 デュトロ車の無料買取査定
岡山県 高圧洗浄車の無料買取査定
広島県 BMW車の無料買取査定
福井県 トラックを電話で簡単に無料買取査定
山口県 クラウンワゴン車の無料買取査定
島根県 トラック買取値相場情報 電話で簡単
京都府 アルミバンの無料買取査定
山口県 トラック買取値相場情報 電話で簡単

ダンプ架装 茨城県・栃木県・群馬県・山梨県
トラック床鉄板・床フック取付 和歌山
トラック激安塗装 兵庫地域(神戸・宝塚・伊丹・姫路)
クレーン・ユンボの油圧修理 大東市・東大阪市(大阪)
トラック床鉄板・床フック取付 新潟県・長野県・富山県・石川県・福井県
クレーン・ユンボの油圧修理 イスズ(エルフ・フォワード・ギガ)
トラックとダンプ塗装 大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県
トラック二次架装 滋賀
トラック激安塗装 貝塚市・熊取町(大阪府)
塵芥車(パッカー車)架装と修理 滋賀
パワーゲート(PG)取付と架装 河内長野市・大阪狭山市(大阪府)
ダンプ車検と修理 京都府(長岡京市・八幡市・京田辺市・久御山町)
トラック修理 豊岡市・養父市・丹波市・篠山市(兵庫県)
パワーゲート(PG)取付と架装 大東市・東大阪市(大阪)
トラック修理 大阪市(住之江区・此花区・西淀川区・福島区)
トラック二次架装 岐阜市・各務原市・関市・美濃市・多治見市
クレーン架装・修理 河内長野市・大阪狭山市(大阪府)
アームロール架装と修理 大東市・東大阪市(大阪)
トラック修理 トヨタ(トヨエース・ダイナ・ハイエース)
ダンプ架装 京都府(宇治市・城陽市・木津川市・精華町)
高所作業車架装と修理 トヨタ(トヨエース・ダイナ・ハイエース)